地区案内図

Get Adobe Reader拡大地図が表示されない場合は右のロゴをクリックしてAdobe Readerをダウンロードしてください。(無償配布)

各地の解説

  • 地図の上から下の順に解説します。
  • 文中の赤文字はその地域で観察できる植物や動物の種類です。
牧野町エリア
ケヤキ並木
西に三ヶ根の山並みを見通し、夕陽と遠景を楽しめるケヤキ街道。
中山田池公園
運動場をメタセイコイヤが取り巻く公園。朝夕と近所の人々が散歩したりグランドゴルフをしたりと親しまれている。シラカシマテバシイハナミズキモクレンヤマモモサクラケヤキなど。
こばと幼稚園
玄関の太いヤマモモがシンボル。
牧野神社
イチョウクスノキがシンボルの正一位秋葉神社。
牧野町中央公園
18年夏、町民で公園プランを設計。21年春、完成。
江島町エリア
竜ヶ池公園
の隠れた名所。広い運動場に子どもたちの歓声とユリノキ(ハンテンボク)アメリカフウナンキンハゼシイクロガネモチクスノキなど多様な樹木が大きく成長しているオアシス公園。
幸エリア
清水池
昔はホテイアオイが水面を覆っていたという。今では昔ほど自然度はないが、幸小児童がゴミを拾ったり自然観察をして大切にしている。トンボなどの昆虫、カモをはじめとした野鳥、そしてヨシなどの植物や桜の木などが四季を感じさせる。昔の名前はヤモメ池だった。
弥生松原エリア
コミュニティ道路
水無川の上部を車がスピードを出しにくい道路とし、ハナミズキイチョウトウカエデなどで緑道化した四季を楽しめる道。
西幸エリア
幸小学校
昭和52年、豊橋市43番目の学校として開校。
御幸神社・開拓記念碑
戦後、昭和24年軍隊演習地を開拓のため入植した豊根村からの人々が、開拓地の守護神として、そして集団の精神統一の社として建立。神社なのに御幸神社墓地を持つ珍しい神社。開拓記念碑もある。カシアカマツモミノキなどの鎮守の森。
花祭り
花祭りは奥三河地方に伝承されている霜月神楽で、700年以上の歴史を持つ。豊根村からの人々がこの地にたくさん入植し、佐久間ダムに沈む豊根村分地地区の花祭り祭具一式を譲り受け、榊鬼、茂吉鬼、山見鬼などが夜を徹して舞う花祭りをこの地で花開かせたのが始まり。昭和31年1月18日のことでした。もちろん花宿は御幸神社。現在では毎年1月4日が祭礼。
幸道路
昭和天皇が皇太子時代に行啓されたとき、地元青年団が整備した道路と言われている。幸町の町名の起こりとも伝えられている。
豊橋養鶏業協同組合
(とよはしようじゅんのうぎょうきょうどうくみあい)
日本で唯一の豊橋うずら農協。豊橋のうずら産業は大正10年頃が起源で、うずら卵の生産では日本一だ。現在約400万羽を農家が飼育していて、1日当たりの産卵量は320万個余というからすごい。
三日月高地
この辺り一帯は軍隊演習場だったが、その中で一番高い地点。標高34m。三日月がよく見えたんでしょうね。
高師小僧
昭和32年に愛知県天然記念物に指定された。高師台中学校南側一部と浜池公園が天然記念物指定地にもなっている。高師小僧は別名管石(クダイシ)とも呼ばれ、隣の浜道町管石(カンセキ)に地名として残っている。
高師台中学校
昭和49年、市内で17番目の中学校として開拓指導所跡地に開設。
高師東保育園
見晴らしのよい位置にあり、南側斜面にの古木が広がっている。
遺跡群
曙町若松から藤並町相生にかけて、縄文・弥生の遺跡が見つかっている。梅田川や森で狩りもしていたようだ。古くから人が住みついている地域だったのだ。
愛知県開拓指導所跡
昭和31年(1956)、入植者の農業指導のため設置。昼夜をとわず、技術指導を受け、みるみるうちに上達し生産力をあげたそうです。
サイエンスコア
豊橋の新産業創出のための知的産業ゾーン。豊橋リサーチパークの格がこの施設だ。東三河地域研究センターをはじめとし、たくさんの研究開発機関が産学官連携で先端的な取り組みをしている。
玲瓏の森
(れいろうのもり)
緑のかたまりが存在感をもっている。一般開放されていないのが残念。
 
曙若松エリア
せせらぎ緑道
水無川の地下に配水管を設け地上部に小川と植栽を設けた親水コミュニティ道路。
曙南松原エリア
豊橋市南消防署
豊橋の南部・西部方面の消防・救急の拠点、お世話にならないことが一番。
高師台窓口センター
住民票や各種証明書の交付が行われている。
幸スポーツ広場
と畜場跡地で日曜日には子どもたちの歓声が聞こえるが、普段はクスノキの大木に囲まれ、森閑とした広場の様子を見せる静かな異空間。
測点エリア
入植記念碑
戦後、軍用地に入植し開拓に努力した先人たちの足跡がこの記念碑。入植時には15軒ほどだったが、今では800軒もこの地にある。
測点高地
標高31.8m、第二次世界大戦中、日本軍陸地測量部が基点とした三角点があった。測点という町名の由来でもある。
藤並エリア
進雄神社・天皇池
藤並町は津島市藤波地域の人々が移住し集落を形成したと伝えられている。進雄神社は津島市の天王神社とおなじく天王様を祀り、1669年に創立とされている。境内には江戸時代の藤浪を詠んだ藤浪の歌碑、二基の石が寄添う庚申塚(こうしんづか)、藤並出身で豊川用水通水に尽力した八木一郎氏の業績をたたえた和の碑がある。ウバメガシヒノキクスなどの鎮守の森。隣には天皇池がありビオトープとなっている。
古窯址
(こようし)
「ただならぬ たかしの山のすえつくり もの思ひをぞやくとすと聞く」 増基。
高師山は、高師原や天白原などの台地の総称をいう。この辺りの窯から立ちのぼる煙を見て詠まれた歌という。西行、実朝の歌や更級日記にも高師山は登場する。平安時代には窯がたくさんあり、碗や皿が見つかっている、文化の地域でもあった。
藤並新田
江戸時代、1660年代後半ごろに尾張津島地域の人々により開発されたと言われている梅田川沿いの新田。
高田エリア
梅田川
豊橋市雲谷町に源を発し、湖西市梅田を流れ再び豊橋に入り三河湾に流れ込む延長14kmの豊橋第二の川。川はきれいに保ちたいものだ。
高田神社
明治40年頃、高師原が軍隊演習場になったとき宝地道地区に住んでいた人々が現在の高田町に移住し、この神社を造営。くちびるに紅をぬった阿吽の狛犬が楽しい。

この地図をつくったひとたち

企画制作
幸校区総代会・幸小学校・幸小PTA
発行
幸校区総代会
イラスト
海上明宏・山本達也
取材
幸校区ガリバーマップをつくろう参加者の皆さん
取材協力
幸校区の住民、農家、企業、商店、官公署など多くのみなさん・市・都市計画課、ボランティア情報センター
発行年
2006年12月(とよはし100祭まちづくり活動サポート事業)
印刷
共和印刷(株)

この地図は、平成18年の夏、幸校区の子どもたちを中心に、多くの大人も参加してつくったガリバーマップの中に記載された情報をもとに作成しました。

ごみの出し方 ごみカレンダー 資源回収 重点活動 加入のご案内と校区自治会規約 自治会活動のご報告