重点活動

A.あいさつ運動

「おはよう。こんにちは。さようなら。お元気ですか。お疲れさま。ありがとう。失札します。」

おはよう。こんにちは。さようなら。お元気ですか。お疲れさま。ありがとう。失札します。

あいさつは、人間社会のコニューケーションの基本です。家庭で、学校で、職場で地域社会で、人に会ったら、人と接したら、必ずあいさつをしましょう。あいさつをされたら、必ず応えましょう。そして、子ともたちの元気なあいさつをほめてあげましょう。

あいさつは、明るく安心な地域杜会をつくります。社会の変革は、一人ひとリの小さな実践から始まります。

地域には、様々な価値観をもった人々が、それぞれのライフスタイルをもって生活されています。昨今、隣近所のふれあいが希薄になり、人と人とのつながりに無関心な人がふえているのも事実です。
新興住宅地の幸校区では、新しい住宅が増え、マンションが開発されるなど、住民の出入りの激しい状況の中で、人と人とのつながりを育み、住み良いまちづくりをすすめるために、地域住民の和を大切にし、ご近所で出会った方には必ず「おはよう。こんにちは。さようなら。お元気ですか。お疲れさま。ありがとう。失札します。」などのあいさつを、よく知っている人にもあまりよく知らない人にも、これまで以上に積極的に声をかけていくという運動を展開してまいります。

地域あいさつ運動

また、子どもや高齢者や女牲が犠牲になる痛ましい事件が報道されていますが、罪を犯す人は声をかけられることを最も嫌い、自分が見られているという意識が働いて犯罪防止の効果があるとも言われています。安全・安心の地域づくりのためにも、地域の連帯意識の醸成や地域コミュニティの再生のためにも、あいさつはとても重要です。

笑顔はまた、もうひとつの笑顔を生み、どんどん笑顔を広げます。笑顔であいさつの声が飛び交う町にして行こうではありませんか。


B.防犯・警ら活動

防犯活動

地域みんなで取組まなくては解決できないこととして、防犯・防災と環境の問題があります。特に防犯は、町全体で取組んで、犯罪者に「この町は、スキがなく犯行しにくいなぁ」と思わせることが大切です。

そのためには、防犯に向けて 「自冶会を中心に取り組むこと」と「地域の一人ひとりができること」に分けて考えてみましょう。

「自冶会を中心に取り組むこと」では、自治会には防犯委員と警ら委員を置き、防犯委員は校区全体を対象として、警ら委員は各町を対象として、啓蒙啓発活動やパトロ-ル活動を中心に活動を展開しています。自治会委員が計画的に活動することで、パトロール活動などが一過性のものに終わることなく、また、犯罪企画者に「この町は警戒しているぞ」という姿を見せつけることによって、犯行をさせないことが大きな効果を生むこととなりなります。

「地域の一人ひとりができること」では、町を明るくするために各戸が玄関灯をつけて頂いたりしていますし、この自主防犯活動の基本は、できる人が、できる時に、できることをする」ことです。子どもの登下校の時間にあわせて植木や花の手人れをしたり、犬の散歩を行ったりして、さりげなく子どもの安全・安心を見守るという立派な防犯活動となります。

一部の人が活動しているのではなくて、町ぐるみで、立場立場の人が、無理なく継続的に行ってこそ、安全・安心の町づくりにつながることをみんなで自覚して活動しようではありませんか。

C.「安心登録カード」事業

幸校区自治会からの大切なお知らせ(24年度スタート)

助け合い、支え合う町づくりを目指して災害時・緊急時・日頃の見守り時などに備えた「安心登録カード」事業を実施します

幸校区各町自治会は、皆様のご協力を得て、地域社会のつながりを大切にし、いつまでも安心して住み続けられる町の仕組みづくりを進めるために、安心登録カード事業をすることになりました。

安心登録カードってなあ~に?

安心登録カードは、地震などの災害、火災、事件・事故及び突発的な発病など予測できない災害時又は緊急時や日頃の見守り時において、家族などの援護が望めない在宅の方で、ひとり暮らしの方・高齢者だけのご家庭や障害をお持ちの方・その他特に登録を希望する方などの救援や支援が迅速かつ適切に行えるよう、あらかじめ登録していただくものです。登録頂くことにより、向こう三軒両隣の考えを中心に、安心して住み続けられる町の仕組みを進めて行こうとするものです。

だれが登録できるの?

家族などの援護を望めない在宅の方で次の①~⑥に該当する方。

  1. 高齢者だけの世帯
  2. 一人暮らし世帯
  3. 障害をお持ちの方
  4. 病弱な方
  5. 同居者がいても不在がちなどの方
  6. 特に登録を希望する方

もちろん、カードの登録をするかしないかは、ご自身の任意ですが、登録は自治会加入を前提にしています。

どんなことを登録するの?

災害時や緊急時の救援・支援に次いで大事なことは、「関係者と速やかに連絡がとれること」です。また、日頃の生活においても、地域社会とのつながりを持つことにより孤立死などの事故を防止することも大切です。安心登録カード「見本」のように本人の名前・住所のほか緊急連絡先、関係者等の連絡先などを記載していただきます。
「安心登録カード」に記載された情報は登録者の救援・支援・見守り活動のために利用し、目的以外には利用いたしません。

安心登録カードの管理は大丈夫?

安心登録カードは地区の民生児童委員、自治会長が保有し責任をもって管理します。

安心登録カードの書き方と提出先は?

  1. 書き方「見本」を参考にして、記載して下さい。
  2. 記載したくない項目やわからないところは、記載しなくて結構です。
  3. ご自身で書けない場合には、どなたかに書いていただくこともできます。その場合には、代筆した人の署名が必要です。
  4. ※印欄は、自治会にて記入します。封筒に入れ組長経由で自治会長に提出します。

お申込みにあたってのお願い

今回のこころみは、あくまでも普段からの地域の助け合いによって、少しでも災害時の被害を減らそうとするものです。情報共有に同意していただいても、災害の程度、状況によっては必ずしも支援を受けられるとは限りません。また、災害時は誰もが被災者ですので、支援にあたる方が責任を負うものではありません。災害時にはみんなが被災者です。支援を希望される方も、常に自分の身は自分で守るという意識をもって、避難に必要な取り組みをおこない、普段から地域において気軽に話せる関係を心がけましょう。

「安心登録カード」がダウンロードできます(pdf)

「安心登録カード」見本画像

「安心登録カード」見本画像
ごみの出し方 ごみカレンダー 資源回収 重点活動 加入のご案内と校区自治会規約 自治会活動のご報告